総資本対自己資本比率Ⅱ

 総資本対自己資本比率Ⅱとは、この比率は総資本対自己資本比率Ⅰの比率における自己資本に含み資産に加えたもので、各目的な財務体質よりも実質的な財務体質の良し悪しを反映しようとするものです。大きな含み資産を有する企業では、是非算定してみる必要があります。

 総資本対自己資本比率Ⅱが大きいと、含み資産を加えた自己資本の総資本構成比率が高いです。

 総資本対自己資本比率Ⅱが小さいと、総資本に対し自己資本が少ないです。

 総資本対自己資本比率Ⅱの計算式は、

(自己資本/総資本)×100 ※自己資本、総資本の両方に含み資産を加える

 となります。

 

インタビュー機能付きだから心に突き刺さる!経営課題が見つかる財務分析サービス

相談受付はコチラから 公式メールマガジン 税理士 佐藤昭一 プロフィール みんなで経営を!