支払勘定回転率

支払勘定回転率とは、企業の状況を検討するために用いられ、回転率が高いほど、支払いが滞りなく行われいてることを示しています。また受取勘定回転率との差を見ることによって資金繰りへの影響度を捉えることができます。

支払勘定回転率が大きいと、支払いが滞りなく行われていることを示します。但し、受取勘定回転率とのバランスに注意です。

支払勘定回転率が小さいと、支払いが滞りぎみであることを示します。低くなりすぎると取引先からの信頼度を悪化させます。

支払勘定回転率の計算式は、 商品仕入高/(支払手形+買掛金) となります。

 

インタビュー機能付きだから心に突き刺さる!経営課題が見つかる財務分析サービス

相談受付はコチラから 公式メールマガジン 税理士 佐藤昭一 プロフィール みんなで経営を!