自己資本対経常利益率

 自己資本対経常利益率とは、企業の総資本のうち自己資本が経営活動の結果どれだけ純利益をあげたかをみるものです。この比率が高いほど効率が良いわけだが、自己資本が過少であることも考えられる。

 自己資本対計上利益率が大きいと、自己資本が有効に活用されていることを示しています。忠自己資本が過少である場合もあり注意を要します。

 自己資本対経常利益率が小さいと、投下されている自己資本が十分な果実を生んでいないことを示します。

 自己資本対経常利益率の計算式は、 (経常利益/自己資本)×100 となります。

 

インタビュー機能付きだから心に突き刺さる!経営課題が見つかる財務分析サービス

相談受付はコチラから 公式メールマガジン 税理士 佐藤昭一 プロフィール みんなで経営を!