総資本対営業利益率

 総資本対営業利益率とは、企業の全投下資本の収益性、即ち企業の全活動の収益性を表し、この比率が高いほど総資本が効果的に運用されていることを示します。          

 この総資本対営業利益率が大きいと、小さい資本で大きな営業利益が確保できていることを示します。

 総資本対営業利益率が小さいと、投下資本に対し、十分な営業利益が確保されていないことを示します。

 総資本対営業利益率の計算式は、 (営業利益/総資本)×100 となります。

 

インタビュー機能付きだから心に突き刺さる!経営課題が見つかる財務分析サービス

相談受付はコチラから 公式メールマガジン 税理士 佐藤昭一 プロフィール みんなで経営を!