手元流動性比率

 手元流動性比率とは、企業が直ちに支払うことの出来る能力を表し、資金繰りの状態に大きな影響を与えます。

 手元流動性比率が大きいと、資金の流動性が高く、資金繰り面では有利です。

 手元流動性比率が小さいと、資金の流動性が低く、資金繰りの面では不利です。

 手元流動性比率の計算式は、 

{現・預金+一時所有の有価証券)/月間売上高}×100

となります。

 

インタビュー機能付きだから心に突き刺さる!経営課題が見つかる財務分析サービス

相談受付はコチラから 公式メールマガジン 税理士 佐藤昭一 プロフィール みんなで経営を!