固定長期適合率

 固定長期適合率とは、長期資本(自己資本と固定負債の合計)がどの程度、固定資産に投下されているかを見る指標。長期資本の固定化の程度を表すものです。この比率が100%を超える場合は固定資産が流動負債でまかなわれており運動資金が圧迫されていることを示します。

 固定長期適合率が大きいと、固定資産への投資が流動資産で賄われていることを示し、資金調達面での不健全さを示します。

 固定長期適合率が小さいと、固定資産への投資が長期資本により賄われていることを示しています。資金調達の健全性を示します。

 固定長期適合率の計算式は、

{固定資産/(自己資本+長期借入金)}×100

となります。

 

インタビュー機能付きだから心に突き刺さる!経営課題が見つかる財務分析サービス

相談受付はコチラから 公式メールマガジン 税理士 佐藤昭一 プロフィール みんなで経営を!