固定比率

 固定比率とは、固定資産に対し、自己資本がどれだけ投下されているかを見る指標です。固定資産に投資された資金は、長期間にわたって固定化するので、できるだけ自己資本で賄うのが望ましいとされます。

 固定比率が大きいと、固定資産への投資が自己資本でなく他人資本に依存しがちであることを示します。

 固定比率が小さいと、固定資産の多くが、自己資本により賄われていることを示します。

 固定比率の計算式は、 (固定資産/自己資本)×100 となります。

 

インタビュー機能付きだから心に突き刺さる!経営課題が見つかる財務分析サービス

相談受付はコチラから 公式メールマガジン 税理士 佐藤昭一 プロフィール みんなで経営を!