流動比率

 流動比率とは、流動負債と流動資産を比較する比率でこの比率が大きいほど短期支払能力があることを示します。150%以上を確保することが望ましいとされています。

 流動比率が大きいと、流動資産が流動負債上回っている程、短期支払能力があることを示します。

 流動比率が小さいと、流動資産が流動負債よりも低い場合、短期支払能力が低いとされます。

 流動比率の計算式は、 (流動資産/流動負債)×100 となります。

 

インタビュー機能付きだから心に突き刺さる!経営課題が見つかる財務分析サービス

相談受付はコチラから 公式メールマガジン 税理士 佐藤昭一 プロフィール みんなで経営を!