配当性向

 配当性向とは、税引後利益の内、配当金の支払いに向けられる比率をあらわすもので、子の比率が高い場合、利益の社外流出が多く財務体質強化という視点から問題視されます。逆の場合は、株主への利益分配が少ないという指摘がなされる場合があります。

 配当性向が大きいと、利益の社外流出が少ないことを示します。但し、配当率も少なければ、株主への利益分配が薄く問題となる場合があります。

 配当性向が小さいと、利益の社外流出が大きいことを示します。但し、投資家確保のためには、あるレベルまでの利益分配はやむを得ません。

 配当性向の計算式は、 (配当金/税引後利益)×100

 

インタビュー機能付きだから心に突き刺さる!経営課題が見つかる財務分析サービス

相談受付はコチラから 公式メールマガジン 税理士 佐藤昭一 プロフィール みんなで経営を!