売上高対営業利益率

 売上高対営業利益率とは、本来の営業活動によって得た利益が、売上高の何%に当るかを示すもので、企業の収益性、経営効率の良否を示す重要な比率です。

 この売上高対営業利益率が大きいと、粗利率が高い(売上原価率が低い)あるいは販売費・管理費が少ないかによります。

 売上高対営業利益率が小さいと、粗利率が低い(売上原価率が高い)か、または販売費・管理費の支出が多いかによります。

 売上高対営業利益率の計算式は、 (営業利益/売上高)×100 となります。

 

インタビュー機能付きだから心に突き刺さる!経営課題が見つかる財務分析サービス

相談受付はコチラから 公式メールマガジン 税理士 佐藤昭一 プロフィール みんなで経営を!